ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

[アライアンス・アライブ オリジナルサウンド トラック -武力調停-]の感想

ararerrfbgrjty8432.jpeg

新作
今回は[アライアンス・アライブ オリジナルサウンド トラック -武力調停-]のことを書いていきます。
ニンテンドー3DSのソフトでジャンルはRPG、キャトルコールが開発しフリューから発売されたゲームです。キャラクターデザインを見比べると一目瞭然ですが、レジェンドオブレガシーの開発陣による新作RPGです。

CDは2枚組で曲は1ループで再生されます。ほとんどの作曲は浜渦正志さん、一部の作曲をAYANE(浜渦あやね)さんが担当されており、一部編曲には田部井とおるさんも参加されております。
当初はゲームの初回特典にミニサントラが付属しており、もしかしたら完全なサントラは出ないのではないかとオロオロしていたのですがそんなことはありませんでしたw
今回は全体的に曲の時間が短めなものが多いのですが、その分レジェンドオブレガシー以上の曲数となっています。通しで聴いてみた印象ではインパクトのある曲は控えめでしっとりしたイメージの曲が多い気がしましたが、浜渦さん特有の音楽は存分に堪能できる内容となっています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ピックアップ曲
[メインテーマ~理解~]
作曲者は浜渦正志さんです。始まりを感じさせる優雅なヴァイオリンによるイントロを皮切りに、シンセサイザー・トランペット・オーボエなどへと移り行くフレーズは輝かしくそれでいて不思議な感覚のメロディを織り成しており、1分50秒という短い時間の中で非常に濃密な一曲となっています。

[イグニッション]
作曲者は浜渦正志さんです。戦闘BGMと思われ、ゲームの公式サイトでも流されていたので個人的に印象の強い曲です。透き通るようなヴァイオリンとヴィオラの旋律が神秘的な雰囲気を生んでおり、且つ軽やかなフレーズとの融和で戦闘BGMとしての高揚感もしっかり感じられる一曲です。

[温泉]
作曲者は浜渦正志さん…ではなくAYANE(浜渦あやね)さんです。ピアノをメインに据えた落ち着いた曲となっていますが、柔らかでぽかぽかした雰囲気のメロディが心地良い一曲です。特筆すべきは水滴が水面にしたたるような音が取り入れられていて、それがこのメロディと抜群に相性が良く、安らぎや癒しのイメージを効果的に引き出していることです。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

今回私は浜渦さんのサイトであるMONOMUSIKから本サントラを購入しまして、サイン付きのポストカードも付属しておりました。
そのMONOMUSIKからの配信メールでサントラや制作楽曲に関する詳細話が載っていたので目を通して見たら、浜渦さんの娘さんであるAYANEさんはFFXIIIやWOFFなどの作品でもコーラスなどに参加していたそうです。そして今回は遂にAYANEさん自身の楽曲も2曲収録されており(貴族と執事温泉の2曲)、親子共演という形になったことは凄いことだと感じました。

おわりに
落ち着いた雰囲気の楽曲に比重が寄った作品だと感じましたが、今回も浜渦さんらしい素晴らしい楽曲が目白押しでした。AYANEさんも活動範囲が大きくなりつつありますし、今後もMONOMUSIK発の音楽に期待ですね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
シリーズ関連ページ
「レジェンド オブ レガシー オリジナルサウンドトラック」のレビュー
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
関連記事

| ゲ音・RPG | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ