ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

[グランツーリスモ オリジナルゲームサウンドトラック]の感想

grantrsmo111123.jpeg

今回は[グランツーリスモ オリジナルゲームサウンドトラック]のことを書いていきます。
PS1のソフトでジャンルはレーシングゲーム、発売はソニー・コンピュータエンタテインメントが行い、開発にはサイバーヘッド、ポリフォニー・デジタルも関わっています。
未だに根強い人気を誇っているグランツーリスモシリーズの第一作であり、リアリティを追求したゲームデザインと大手自動車メーカーの参入による幅広い車種を動かせることが特徴的でなかなか奥深いゲームです。ライセンス試験の難易度は鬼畜w

CDは1枚でレースBGMは一周流れ切りタイプ、それ以外の曲は基本2ループで再生されます。作曲は安藤まさひろさんと大平勇さんが担当されております。少し残念なことにこのサントラは全曲収録ではなく、一部ディーラーBGMなどが収録されていません。
PS1のゲーム音楽に触れるたびチョイチョイ同じこと書いてますけど、この初代グランツーリスモの音楽も当時としては高クオリティな音源で異彩を放っていたんじゃないかと思います。サントラの紹介欄で「やや単調なのは否めない」と非常に謙虚な一文が書き記されており、実際ディーラーBGMなどは抑揚が少なく単調と言えるかもしれないのですけど楽曲センスはスタイリッシュで渋い雰囲気が出ており、リアルでもドライブ中に聴きたくなるような曲が多いです。
目玉となるレースBGMは曲数的に決して多くはないのですけど一曲一曲が練り込まれており、レースゲームのイメージに違わないスピード感や爽快感を感じさせるものが多いです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ピックアップ曲
[Moon Over The Castle(The Theme of GRAN TURISMO)]
作曲者は安藤まさひろさんです。シリーズのメインテーマとして定着している曲ですが、初代の時点でそのカッコ良さはピカイチだったんじゃないかと感じます。夜明けを告げるようなイントロ、スピード感に溢れキレのあるメロディ、そこから感じられるストイックな雰囲気が心地良く、個人的にはPS1のゲームBGMの中でも強い感銘を受けた一曲です。

[Kiss You Good-bye]
作曲者は安藤まさひろさんです。昔プレイした時はてんでヘタクソなもんでしたが、レース中に流れるこの曲が妙に印象強く耳に残っているのが懐かしいですね。メロディのインパクトは本作の楽曲の中でも強いと思います。サビの4連バーン!に差し掛かるとつい頭を振りたくなっちゃいますw

[Get Closer]
作曲者は安藤まさひろさんです。上の続きになりますが、それでつい最近プレイし直したらこの曲がすっごい好きになってしまったんですね。昔は全然気にも留めてなかったのに…。この曲もレースBGMの一つになりますが、切り詰めて言うとシンプルにカッコイイのです。

[Final Lap]
作曲者は大平勇さんです。せっかくなんでディーラーBGMも一つ。ゲーム中ではHONDAのショップで流れます。
こんな曲名ですがレースBGMではないんですよねw軽快なリズムと小洒落た雰囲気のあるジャズチックな一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

おわりに
レーシングゲームで唯一それなりにやり込んだ作品なので個人的な思い入れ補正は大きいですが、ストレートにカッコイイ系のBGMが詰め込まれたなかなかの良盤だと思っております。私の場合、ゲーム中でもリアルでもモチベーションの向上に貢献してくれる音楽になっています。

現在PREMIER(中)
関連記事

| ゲ音・レーシング | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ