ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「Battle SQ」のレビュー

battklelsssqsqsqhfu4342934123111.png

今回は「Battle SQ」のレビューをしていきます。
スクウェア・エニックス(旧スクウェア)の作品をテーマとしたアレンジCDであり、多数のアーティストが参加しております。

CDは1枚で全14曲が収録されています。本作を含む「SQシリーズ」は異なるテーマ毎に多数あり、いずれも2000円前後の価格設定で多少お手頃となっています。今回はその名の通り「バトル」に焦点を当てた楽曲ラインナップとなっていて、旧スクウェア作品のバトル曲が好きな人間としては数ある「SQシリーズ」でも期待が高かった一作です。ただ、先に結論を言わせてもらうと、本作はある一点を除いて思ったほど振るわなかった感が否めませんでした。曲目はいずれも名曲揃いなのですが、私が一通り聴いてみて抱いた第一印象は「なんだか音ゲー用のアレンジみたい」でした。肯定的に聴いてみると、各アーティスト毎にそれぞれ違った特色があり一概に悪いというわけではないのです。しかし、テーマがテーマだけに原曲ありきでもって比較すると、今回のアレンジはどうしても「これじゃない」感を抱かざるを得ないところでした。
ただ、前述通り以下に挙げる一点のみは個人的に超の付く好感が持てました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「FINAL FANTASY IV バトル1 ~ 最後の闘い」 ★★★★★★ 6星
アレンジャーは「shibuyamicrofuture」さんです。ジュークボックスから流れているような「バトル1」のメロディをイントロに、引き込まれるようにクリアなロックサウンドへとチェンジします。ストレートなロックサウンドが映えており、スピード感が程良いアレンジとなっています。強いていえば「最後の闘い」のパートが少し物寂しい気がします。

・「SIGMA HARMONICS 希望与えし「戌吠の神楽」」 ★★★★★★★ 7星
アレンジャーは「Lemm」さんです。割と原曲に近い雰囲気を感じさせるピアノっぽい音色とキーボードっぽい音の交錯が面白いのですが、全体を通して電子的な音使いも目立っており、手拍子などリズミカルなアクセントも効いた、元とは似て非なる洒落っ気のあるアレンジとなっています。

・「クロノ・トリガー 魔王決戦」 ★★★★★★★★★★ 10星
アレンジャーは「Sword of the Far East」です。本CDの目玉で個人的には最高のアレンジです。
「クロノ・トリガー」の「魔王決戦」といえばゲーム音楽界きっての名曲ですが、原曲の人気を考慮してもこのアレンジは本当に良いと思います。全体的に弦楽器を前面に押し出したオーケストラ風のアレンジなのですけど、イントロから終曲までの闇を思わせる重厚な構成が素晴らしい上、実に「魔王」のイメージにマッチした、暗く寂しげ、それでいて決意を感じさせるメロディが堪りません(メロディに関しては原曲からそうですが)。後半~ラストにかけてキーが一段階アップしたメロディがまた心を揺さぶります。原曲の雰囲気を生音により正統進化させた、静かな迫力を持ったアレンジとなっているので多くの方にオススメしたい一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

上記以外の収録曲は以下のようになっています。末尾の()はアーティスト名です。
FINAL FANTASY 勝利 (Dubscribe)
LIVE A LIVE KNOCK YOU DOWN! ~ 最強 -VICTORY ROAD- (Miss Modular)
SaGa Frontier 2 Miβgestalt & Todesengel (Millstones)
魔界塔士 Sa・Ga 怒闘 (Novoiski)
聖剣伝説 3 nuclear fusion (ゆに)
LIVE A LIVE 在中国的戦闘 ~ 鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳 (The LASTTRAK)
チョコボの不思議なダンジョン 戦えチョコボ! (SmileR)
ルドラの秘宝 The Spirit Chaser(SURLENT) (ステルスボーイズ)
FINAL FANTASY TACTICS 橋上の戦い (AVTechNO!()
Romancing Sa・Ga 2 七英雄バトル (NOISIAVISION)
FINAL FANTASY IX 独りじゃない (REXER)

本CDは通常盤の他に初回限定盤が存在し、そちらは+1DISC(5曲)となっており
FINAL FANTASY VIII Maybe I’m a Lion (Fumiaki Kobayashi)
LIVE ALIVE LIVE ALIVE MEGA MIX (PsycheSayBoom!!!)
クロノ・トリガー カエルのテーマ (VOVOISKI REMIX) (NOVOISKI)
FFエンディングメドレー (NOVOISKI)
SQ Party Level.3 Live Set (ステルスボーイズ)
これらが追加されています。

通常盤だけでなく限定版の曲も本CDの公式ページで試聴可能であり、そこでは各アーティストの個別リンクも掲載されています。

総評
軽快でリズミカルなアレンジが多くノリが良い反面、重みが薄れてやや安直といった感じです。アレンジなので好みは人それぞれでしょうけどね。ただ極端な話、このCDは「魔王決戦」のアレンジだけでも価値があると私は思います。興味のある方は是非公式ページで試聴だけでもして頂きたいです!

「Battle SQ」

65点
関連記事

| ゲ音・アレンジ、作曲者オリジナル、その他 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ