ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「REMASTERED TRACKS ROCKMAN ZERO Mythos」のレビュー

rockmanzerorimastemhyfsytogsis8t75443.jpg

今回は「REMASTERED TRACKS ROCKMAN ZERO Mythos」のレビューをしていきます。
本CDはGBAの名作アクションゲームである「ロックマンゼロシリーズ」のアレンジサントラです。アレンジはシリーズの代表的作曲者である「山田一法」さんを筆頭に、「川上領」さん、「栗原務」さん、「村井俊夫」さん、「糸賀徹」さんらによるユニット「I I I(トリプルアイ)」が担当されております。

CDは1枚で全14曲の収録となっており、シリーズ4作品から人気の高い曲が選曲されています。原曲からして、GBA音源ながら「Xシリーズ」に近いスピード感ある音楽が印象強かったですが、今回のアレンジでは音源の制限が解除されたことで原曲のイメージをそのまま正統進化させた痛快なロックテイスト中心となっています。ほぼ全編を通してギターが大活躍であり、駆け抜けるような疾走感が堪らないですが、それだけでなく「Xシリーズ」以上にハードな「ゼロシリーズ」の世界観における一騎当千の臨場感を思わせるバトルテイストにも色濃い編曲が素晴らしいです。約2000円という低価格もまたナイスですね。
余談ですが、「ゼロシリーズ」のサントラは全般的にパッケージがカッコイイと思うのですよ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「Departure - Mythos Ver. -」 ★★★★★★★★★★ 10星
「2」よりオープニングステージで流れる曲のアレンジです。実質的に本CDのオープニングを飾る一曲であり、風荒ぶイントロと走り出すようなメロディラインが良い雰囲気を出しています。「2」のオープニングは後方支援も無いたった一人の状況で、それでも悩まず敵の追っ手を蹴散らしながら進むという最初からハードな展開であり、この曲はその状況に非常にマッチしたものとなっていましたが、元々の哀愁と熱さが入り混じったようなメロディがアレンジによって更に彩られており、よりドラマチックな一曲へと生まれ変わっています。

・「Esperanto - Mythos Ver. -」 ★★★★★★★★★★ 10星
「4」より中盤のステージで流れる曲のアレンジです。ゲームではイベントで訪れる一度きりのステージBGMながら、その印象的なメロディフレーズで人気の高い一曲です。この曲も元が哀愁漂う雰囲気で良いですが、アレンジによってギターやドラム、キーボードの織り成す激しく突き抜けるようなメロディが堪らない一曲となっています。

・「Enemy Hall - Mythos Ver. -」 ★★★★★★★★★★ 10星
「1」より終盤のステージで流れる曲のアレンジです。「1」は後続作品に比べると音源的に大人しい楽曲が多い印象がありますが、他のBGM同様この曲も激しく明瞭なメロディへとアレンジが施されており、緩急を仕込んだフレーズが良い感じにカッコ良くなっています。

・「Straight Ahead - Mythos Ver. -」 ★★★★★★★★★★ 10星
「4」より終盤のステージで流れる曲のアレンジです。原曲の話になりますが、同じGBA作品にも関わらず「1」の頃の音楽と比較して「4」の音楽は音源出力が目に見えてパワーアップしていることが分かります。原曲と比べあうと、上の「Enemy Hall」はかなり変化を感じるアレンジだと思ったのですが、この「Straight Ahead」は意外とそうは感じなかったのです。何が言いたいのかというと、この曲がそれだけ元々完成度の高い一曲であり、今回のアレンジではそれが綺麗に昇華されているということです。他の曲と同様にギターが光るハイスピードな一曲となっており終始胸熱なメロディが響き渡ります。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

上記以外の収録曲は以下の通りです。()内の数字は曲の使われた作品となります。
・Final Match(ゼロコレクションのタイトル曲)
・Sand Triangle - Mythos Ver. -(3)
・Resistance - Mythos Ver. -(1)
・Neo Arcadia - Mythos Ver. -(1)
・Hell's Gate Open - Mythos Ver. -(3)
・Silver Wolf - Mythos Ver. -(2)
・I,0 Your Fellow - Interlude -(3)
・Everlasting(3)
・Area of Zero - Mythos Ver. -(1)
・Cannon Ball - Mythos Ver. -(3)

「Everlasting」はヴォーカルアレンジとなっており、「糸賀徹」さんがヴォーカルを担当しています。

総評
シリーズは4作品もあるので、欲を言えば20曲くらい収録されていれば尚良かったですけど、「ゼロシリーズの音楽ここに極まれり」と言っても過言ではないくらい見事なアレンジサントラだと思います。サントラとしてはコスパも良いですし、痛快で気持ちの良いサウンドは「I I I」の本領が発揮されたクオリティの高いものとなっています。

「REMASTERED TRACKS ROCKMAN ZERO Mythos」

93点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
シリーズ関連ページ
「ロックマンエグゼ 15周年アレンジベストトラック」のレビュー
「ロックマンX サウンドBOX ~ ロックマンX6」のレビュー
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
関連記事

| ゲ音・アレンジ、作曲者オリジナル、その他 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ