ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「トラスティベル ~ショパンの夢~ オリジナルスコア」のレビュー

trastibelorisxhssujsfjo85637897937.jpg

今回は「トラスティベル ~ショパンの夢~ オリジナル スコア」のレビューをしていきます。
PS3とXBOX360のソフトでジャンルはRPG、トライクレッシェンドが開発しバンダイナムコゲームスから発売されたゲームです。作曲は「桜庭統」さんが担当されておりますが、ショパンの楽曲はピアニストの「スタニスラフ・ブーニン」さんによる演奏となっています。概要によれば、ゲームタイトルの通り作曲家として有名なショパンの夢の中が舞台という一風変わったゲームのようです。

CDは4枚組で曲は1ループで再生されます。音楽の世界で歴史的に著名な人物であるショパンを題材にしていることもあり、その音楽内容は非常に力の入った本格派なものとなっています。RPGの音楽として考えると物静かな印象を受けますが、オーケストラやクラシックを中心とした楽曲は全体的に上品であり、1ループ再生とはいえ3分前後の構成の曲が多く一つ一つに深みがあります。今回の桜庭さんの曲は「テイルズシリーズ」などで見られるロックテイストこそ皆無ですが、オーケストラ調のものは桜庭さん独特の音使いが盛り込まれており、以前このブログでレビューした「ラビリンスの彼方」に近い幻想的な雰囲気の曲も多くなっています。「スタニスラフ・ブーニン」さんによる演奏はピアノ100%のクラシックとして落ち着いており、単純にショパンの楽曲を鑑賞できるという意味でも楽しめるのではないかと思います。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「皆が求する凡庸」 ★★★★★★★★★ 9星
町で流れる曲らしいです。ヴァイオリン、フルート、ピアノの3点セットによる清らかなメロディが素直に心地良く、町で流れるBGMと想像すればその美しい景観が頭の中に浮かび上がってくるようです。

・「雪と氷の境界」 ★★★★★★★★ 8星
町かフィールドで流れる曲だと思います。雪・氷・幻想的・・・ってコレ前にも書いた気がしますけど、実際曲名通りのイメージが湧いてくる穏やかで綺麗なメロディの一曲であり、トライングル(ツリーチャイムかも?)の響きとハープの音色の調和が抜群です。

・「Your truth is my false」 ★★★★★★★★★ 9星
戦闘で流れる曲ではないかと思います。様々な楽器による多重奏となっていますが、壮大というよりは壮麗(そうれい)で気品に溢れたメロディとなっており、他の曲と比べて躍動的なリズムも相まって好印象な一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

エンディングの「鏡天花」は「品田昭子」さんが歌を当てております。

総評
派手さはありませんが、聴く分には深みのあるオーケストラ、クラシック系BGMのオンパレードとなっていると感じます。ゲームの性質もあるとは思いますが、RPGでこれほど音楽に焦点を当てていそうな作品は珍しい気がしますね。本格派なゲーム音楽を求める方には良いサントラかもしれません。

「トラスティベル ~ショパンの夢~ オリジナルスコア」

85点
関連記事

| ゲ音・RPG | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ