ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「INSTANT BRAIN PERFECT SOUND TRACK」のレビュー

instantblainsnfhck83434.jpg

今回は「INSTANT BRAIN PERFECT SOUND TRACK」のレビューをしていきます。
XBOX360のソフトでジャンルはアドベンチャー、ケイブから開発・発売されたゲームです。作曲は「梅本竜」さん、「与猶啓至」さん、「守屋忠慶」さん、「樋口秀樹」さん、「TECHNOuchi(竹ノ内裕治)」さん、「WASi303(佐藤哲郎)」さんが担当されております。「首領蜂シリーズ」を始めとする弾幕系シューティングで有名なケイブから突如放たれたアドベンチャーゲームです。

CDは2枚組で曲は2ループで再生されます。これまではケイブといえばシューティングというイメージが強く、それに伴ったスピード感や激しさを駆り立てるインパクトの強い楽曲が散見できましたが、本作はゲームジャンル的に大人しいイメージがあるアドベンチャーといのもあって聴いた途端にガツンと心に響くような曲はあまり無いと感じます。しかし、上記の多数のアーティストさんによって彩られた音楽はいずれもカジュアルイズムに富んでいて、情景や雰囲気に適しているであろう様々な楽曲ラインナップとなっているのでBGMとしては良質です。ゲームの内容は知りませんが、全体としてはポジティブ&ミステリアスなイメージの音楽内容です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「過去への挑戦」 ★★★★★★★★ 8星
作曲者は「与猶啓至」さんです。サントラの曲名を見ると「過去」という言葉が付いた曲が多かったのでゲームの本筋に大きく関わる要素なのかもしれません。幻想的でミステリアスな雰囲気もあるメロディながら音使いが綺麗であり、他の曲が大体2、3分なのに対しこの曲は6分強と一際長いので聴き応えのある一曲です。

・「レイニーラン」 ★★★★★★★★ 8星
作曲者は「守屋忠慶」さんです。上の「過去への挑戦」と同様のフレーズを用いていますが、透明感あるヴァイオリンやピアノの音色、柔らかな打音が響くマリンバなどの調律によって美しくも切なげなメロディとなっているのが何とも好印象です。

・「暖かな現実」 ★★★★★★★★ 8星
作曲者は「与猶啓至」さんです。柔らかで明るい眩しさを感じさせる響きのメロディとなっており、実にポジティブシンキングなイメージの一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ちなみに作曲者の一人である「梅本竜」さんは本作の音楽制作途中に亡くなられています。急逝した梅本さんに代わり、梅本さんと親しかった作曲者の方々が集って音楽制作を引き継いでおり、本作の参加アーティストが多いのはこのためです。

総評
インパクトには欠けますが、ケイブにゆかりのある作曲陣による音楽は良質であり、よく聴いてみると要所要所ケイブ作品らしいテイストが盛り込まれていることも分かります。ミステリアスな雰囲気を中心としていますがBGMとしては割と万人向けだと思うので、デスクワーク中なんかにフワッと聴くのも良いんじゃないかと思います。
「梅本竜」さんの遺作という意味では重みもあるサントラだと感じます。

「INSTANT BRAIN PERFECT SOUND TRACK」

83点
現在PREMIER(中)
関連記事

| ゲ音・アドベンチャー | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ