ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「スーパーロボット大戦F オリジナルサウンドトラック & アレンジアルバム」のレビュー

superrtotaisenffffffkanketudhcifi3r44.jpg

「踏み込みが足りん」

今回は「スーパーロボット大戦F オリジナルサウンドトラック & アレンジアルバム」のレビューをしていきます。
PSやセガサターン(以下SS)のソフトでジャンルはシミュレーション、今は亡きウィンキーソフトが開発しバンプレストから発売されたゲームです。SS版の編曲は「藤本大輔」さんが担当されております。俗に言うウィンキー時代最後のスパロボであり、「第4次スーパーロボット大戦」のシナリオ等を再編して作られたリメイクに近い作品となっております。「α」以降の難易度がマイルドな作品から入った身としては、この「F・F完結編」の難易度はあまりにもショックでしたね(これより難しい作品もあるらしいですが)。初見の時は早々に諦めましたが、数年前に再起してプレイしたらなんとかクリアできたので良かったです。

上でSS版の編曲者は「藤本大輔」さんと書きましたが、実はこの作品、PS版とSS版では全く異なる音源が使われています。本作はSS版が先に発売されているのですが、後発のPS版ではSS版の音源を再現することができなかったらしく、新たに「寒川真澄」さんによるPS版用の編曲が行われているのです。その差は聴き比べてみると一目瞭然であり、はっきり言ってSS版の音源の方が優れています。一概にPS版を全否定する訳ではないです。何故なら私もPS版をプレイしましたから。しかし、SS版のプレイを見てると「確かにSS版の音楽はカッコイイな~」と感じるのです。PS版の音源はちょっと陰鬱な感じがあり、あの難易度も相まってある意味印象深いですけどね(苦笑)。

それでこのサントラですが、音源はSS版のものとなっております。
CDは1枚で曲は1ループ再生です。例によって版権曲とスパロボオリジナルの楽曲の集まりとなっていますが、極一部を除いてゲーム内のBGMはほとんど収録されています。省かれているのは辞典やゲームオーバーなどのBGMなので収録曲に関する不満は個人的にそこまで感じませんでした。当時はアニメーションなどもほとんど無かったですが、SS版の音源はフルボイス化した戦闘シーンをこの上無く盛り上げてくれるものだったんじゃないかとヒシヒシ感じます。ギターやドラムの音などがカッコ良く出来ており、ロックテイストが冴えている音楽なのでオリジナル曲だけじゃなく版権曲も臨場感のあるアレンジになっています。一部和風を取り入れている曲なんかは弦の嵐に圧巻されます。ただCD1枚に目一杯詰め込んでいる関係上、1ループという再生時間はやはり物足りないところでしょうか。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「時を越えて (アレンジバージョン)」 ★★★★★★★★ 8星
同曲のアレンジでありアレンジャーは「伊藤ヨシユキ」さんです。ウィンキー時代のスパロボのタイトル曲としてのイメージが強いこの曲ですが、ギターの突き抜けるようなメロディで清々しいアレンジとなっております。

・「VIOLENT BATTLE」 ★★★★★★★★★★ 10星
特定のボス級ユニットとの戦闘時に流れる曲であり、「第3次スーパーロボット大戦」以降ちょくちょくアレンジされています。迫り来るようなイントロ、終始威圧感の漂うメロディ、そう書くと重苦しいですが程良い疾走感と特徴的なメロディフレーズに妙な中毒性の強さがある一曲です。後に「スーパーロボット大戦OG」などでもアレンジされますが、この曲はこの作品の音源が一番良いと個人的には感じています。 
序盤のライグ=ゲイオスはトラウマ。

・「ハートフルメカニック」 ★★★★★★★★★★ 10星
コロニーマップなどで流れる曲です。他のマップ曲に比べてテンションの高いメロディが特徴的ですが、イントロからサビまでの一連の流れが綺麗に纏まっていてストレートにカッコイイのでスパロボのマップBGMとしては好印象な一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

版権曲で個人的に良いなと思ったのは
・モビルスーツ戦 (敵機襲来)
・メインテーマ
・ゴーショーグン発進せよ
あたりですね。

本サントラは「アレンジアルバム」とあるように上記の1曲を含めて
・時を越えて
・出撃準備する?
・侵攻
・ARMAGEDDON
この4曲が「伊藤ヨシユキ」さんによってアレンジされたバージョンも収録されております。

また、本サントラには「F・F完結編」のイメージソングという訳か「熱き血が勇気に (ロボットジェネレーション讃歌)」という曲が収録されており、「マジンガーZ」の主題歌でお馴染みの「水木一郎」さんが歌を担当しています。

ちなみに、PS版の音源による「F」のサントラは存在しないのですが、「スーパーロボット大戦コンプリートボックス」のサントラにPS版「F」と同様の音源による曲が一部収録されているそうです。

総評
1ループの短さと極一部省かれている曲があることが惜しいですが、要点はほぼ抑えておりアレンジもなかなか良いものではないかと。どちらかと言えば嬉しいSS版音源によるサントラであることは有難いんじゃないかと思います(欲を言うとPS版音源もあれば良かったですが…)

「スーパーロボット大戦F オリジナルサウンドトラック & アレンジアルバム」

76点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
シリーズ関連ページ
「スーパーロボット大戦α外伝 オリジナル・サウンドトラック」のレビュー
「スーパーロボット大戦IMPACT オリジナルサウンドトラック」のレビュー
「第2次スーパーロボット大戦α オリジナルサウンドトラック」のレビュー
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
関連記事

| ゲ音・シミュレーション | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ