ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「Stardust Vanguards OST」のレビュー

stardustvangardjdhcdh8333.jpg

今回はちょっと変わり種である「Stardust Vanguards OST」のレビューをしていきます。
Steamなどで配信されたゲームでジャンルはアクション、Zanrai Interactiveから開発・発売された海外製のゲームです。作曲は以前レビューした「Heaven Variant Soundtrack」と同じ「Jason Koohi」さんが担当されております。PVをチラッと見てみましたが、シューティングとアクションが合わさったような独特なゲーム性と、敢えてレトロ調なデザインにしているのが印象的でした。

「Heaven Variant」は開発途上でゲームその物がオジャンになってしまいながら「Jason Koohi」さんの御厚意により完成度の高い楽曲の数々をフリーでダウンロード可能にしてくれるという太っ腹ぷりでしたが、本作は完成したゲームとして有料配信されているのでサントラも有料となっています。

Bandcampという音楽ダウンロードサイトで配信されているサントラであり、全12曲で曲は基本2ループで再生されます。同作曲者の「Heaven Variant」が没作とはいえDISC3枚相当のボリュームであったことから比較すると、本作の楽曲数はどうしても少なく感じます。が、「Jason Koohi」さんのセンスが冴え渡るキレッキレの激しいバトルサウンドが忠実しており一曲一曲がなかなか好印象です。ハードロックっぽさを強調しつつトランスの要素もミックスされた楽曲は、「Jason Koohi」さん特有の持ち味が遺憾無く発揮されております。配信価格は下限3.5ドル(日本円で約400円)と、少ない曲数ながらサントラとしては破格のコスパであり、申し訳程度の金額設定に関して買い手として嬉しい半面ちょっと悪い気もします。
(Bandcampは下限以上であれば買い手側が自由に支払い金額を設定できる仕組みになっているので気に入ったアーティストさんに貢ぐことも任意で可能です。今回の場合、下限である3.5ドル以上ならば5ドルで買おうが10ドルで買おうが買い手の自由という訳です。)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「Chronicle of the Stardust Vanguards」 ★★★★★★★★★★ 10星
メインテーマ兼、ステージBGMだと思われます。最初のトラックということもあり、開幕を告げるようなイントロ、そこから始まる激しく疾走感MAXなメロディが初っ端からインパクト大な一曲です。メロディフレーズもカッコイイのですが、それを際立たせるギターの重厚感も堪りません。ぶっちゃけてしまうと個人的には本作で一番良い曲だと感じています。

・「Scarlet Kingdom Anthem」 ★★★★★★★★★★ 10星
ステージBGMだと思われます。イントロの入りが個人的に好きな一曲です。この曲も激しい曲調となっていますが、そのイントロと同じフレーズを用いたサビはどことなくドラマチックなところがあり良い味を出しています。

・「Still Beating Heart」 ★★★★★★★★★ 9星
ステージBGMだと思われます。激しさはありつつサビでも盛り上がり過ぎない平行線なメロディなのですが、比較的緊張感あるイントロを皮切りに全体的にシリアスな雰囲気の一曲となっています。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

本サントラ購入までの経緯について少し書いていきます。
いかんせん海外の作品な上、Bandcampの購入方法がちょっと面倒であり、実際私も本作の音楽はかなり前から購入したいと考えていたのですが、確実な購入方法を模索するのに時間が掛かりつい先日ようやっと購入できました。
決済方法が特殊であり、クレジットカードを持っていればそんなに苦労しなかったかもしれませんが、私はクレジットカード利用しない派なのでそこで結構悩んでたんですね。色々調べると、そんな私にも割と手軽に扱えそうな「Vプリカ」なる物があることを知り、そこからは割とトントン拍子で購入まで漕ぎ着けたので良かったです。
Vプリカは自分の希望する使用金額を選び、説明に沿った手順で手続きを行うと番号やセキュリティキーなどが発行され、以後購入金額分を使い切るまではネット上で一般的なクレジットカードと同じように使えるという代物で、手続きの際に審査なども無くて楽でした。ネット購入以外にコンビニの端末でもVプリカは購入できるみたいです。
今回のようなケースは稀ですが、海外の作品などを購入する際にはなかなか有用な手段な気がします。購入時の金額はドル表示だったのですが、決済時には日本円で計算してくれるのも手間いらずで有難いです。

総評
12曲という昨今のゲームとしては少ない曲数ながらも、バトル系メインでクオリティの高い楽曲ラインナップではないかと思います。サントラとしてのコスパの良さに対して、購入方法の面倒さがネックですが個人的には苦労して買って良かったと思える一作でした。

「Stardust Vanguards OST」

88点
関連記事

| ゲ音・アクション | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ