ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団 音楽全集」のレビュー

devilsumennerwjdh73wuso8yraidou.jpg

今回は「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団 音楽全集」のレビューをしていきます。
PS2のソフトでジャンルはアクションRPG、アトラスから開発・発売されたゲームです。作曲は「目黒将司」さんが担当されております。「女神転生シリーズ」の派生である「デビルサマナーシリーズ」の3作目となっていますが、ゲーム性や雰囲気は前2作から大分変化している作品のようです。

CDは1枚で曲は基本2ループで再生されます。ハードがPS2になったこともあり音源面でも前2作と比べて飛躍的にパワーアップしています。同じくPS2のアトラス作品であり、発売時期も近い「ペルソナ3」や「真・女神転生III」などでも「目黒将司」さんがメインで音楽を担当されていますが、基本的には本作もそれらの作品に通ずる音楽内容となっています。しかしながら、この3作品の音楽観はよく似てはいるものの明確な違いはあると思っています。

・「ペルソナ3」はダークなイメージの中にも現代的なオシャレさを投影した音楽。
・「真・女神転生III」はダークでスタイリッシュなところもありながらどこか毒々しい雰囲気も混じった音楽。

と個人的には感じているのですが、本作は「ダークなイメージはそのままにシンプルに格好良いタイプの音楽」という印象が強いです。RPGの醍醐味である戦闘BGMのシャープなノリの良さ、中にはラウンジミュージックのような渋さが香る曲など、ジャズやロックで奏でられる楽曲の数々は良い意味でクセが無く聴きやすいです。本作は架空の大正時代の世界が舞台となっているらしいので、どこかレトロな雰囲気が音楽面にも良く現れていると思います。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「テーマ」 ★★★★★★★★★★ 10星
オープニングで流れる曲のようです。トランペットを主旋律に置いたジャズロックなメロディは初っ端からノリノリであり、ゲームをプレイしたことは無いながらもワクワクした気持ちにさせてくれる一曲です。

・「宿敵」 ★★★★★★★★★★ 10星
ボス戦で流れる曲のようです。テンポは速くないですが、力強いロック調のメロディは重厚感があり、威圧と対峙のイメージを引き立てるボス戦らしい一曲だと思います。

・「宿命の対決」 ★★★★★★★★★★ 10星
ラスボス戦で流れる曲の一つみたいです。ピアノを絡めたフレーズやサビのメロディなどはどこか哀愁漂う雰囲気で構成されており、ロックをベースとした中に程良いアクセントを加えた格好良い曲となっています。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

さて、上では本作の音楽について非常に好意的なことを書いてきたのですが、実はこのサントラ、ある致命的な欠点を抱えています。それは通常戦闘曲である「バトル-ライドウ-」(と「筑土町」と「呟き」)が収録されていないことです。
極端な話、他のサントラでも一部のBGMなどはさり気なくカットされていたりすることもあり、特に支障がない場合は私もさして気にはしないのですけど、このサントラに関しては致命的と言わざるを得ません。なにせこの「バトル-ライドウ-」は本作の良質な楽曲の中でも屈指の名曲であり、この曲が収録されていないというのはもはや嫌がらせの領域なんじゃないかと疑いたくなります。

実は本ゲームの先着購入特典には本記事下部の「超力音源集」という「デビルサマナーシリーズ」のアレンジCDが付属しており、その中に「バトル-ライドウ-」はオリジナルのものが収録されています。
ですが、「それでサントラには収録されていないのか~」というとそれも怪しいところです。何故ならば、本サントラに収録されている「テーマ」は「超力音源集」にも全く同じものが収録されており、前述の理屈で考えると「テーマ」も本サントラでは省かれていないとおかしいからです。
さらに性質が悪いことに、本サントラはitunes storeでもダウンロード販売されているのですが、そちらでもやっぱり「バトル-ライドウ-」(と「筑土町」と「呟き」)は収録されていないのです。
一応「超力音源集」を入手できれば問題は無いですが、曲が曲だけにこの欠損は大きいと思います。

総評
上記の一点さえ除けば個人的には名盤レベルのサントラだと思います。ジャズロックで彩られた楽曲はレトロな渋さとストレートな格好良さが見事に混ざり合った素晴らしいものでした。

「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団 音楽全集」

90点
現在PREMIER(大)(CD版のみ)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

tyouirrikisosngensysu4ue7278.jpg

こちらが上記で書いた「超力音源集」となっています。
ゲームの先着購入特典であり、前2作から一部のBGMのアレンジと本作「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団」の一部オリジナル曲を収録したCDとなっています。
曲目は以下の通りです。

・テーマ(サントラに収録されているものと同じ)
・葛葉探偵事務所
・ボスバトル
・矢来銀座DEポン
・デビルサマナー・ソウルハッカーズのテーマ(後に3DS版に逆輸入)
・バトル-ナオミ-
・超空間Inspired from ALGON
・バトル-ライドウ-(オリジナル)
・筑土町(オリジナル)
・呟き(オリジナル)

いずれも本作の楽曲と毛色が似たアレンジとなっており良質です。
上で書いた通り「バトル-ライドウ-」、「筑土町」、「呟き」の3曲はこのCDにのみオリジナル版が収録されております。
一部の曲は次回作「デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王」でも使われたようです。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
シリーズ関連ページ
「デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王 サウンドトラック」のレビュー
「ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック」のレビュー
「真・女神転生III NOCTURNEオリジナル・サウンドトラック」のレビュー
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
関連記事

| ゲ音・RPG | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ