ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「バレットソウル -弾魂- コンプリート・サウンドトラック」のレビュー

balletttsoulioiuyfytfdt.jpg

今回は「バレットソウル -弾魂- コンプリート・サウンドトラック」のレビューをしていきます。
XBOX360のソフトでジャンルは弾幕系シューティング、5pb. から開発・発売されたゲームです。作曲は「伊藤賢治」さんと「高橋コウタ」さんによるユニット「RESONATOR」が担当されており、一部の編曲には「上倉紀行」さんも参加されております。話によると、「燃え」を強く意識したゲームだとか。後に追加要素を加えた「バレットソウル -インフィニットバースト-」も同じくXBOX360で発売されました。

CDは1枚で曲は2ループで再生されます。「燃え」を意識しているということですが、他のシューティングゲームサウンドと比較してみると確かに胸熱な雰囲気が直感的に聴き取れる音楽内容ではないかと思います。全体的に激しいロックテイストで彩られており、収録曲の半数近くを占めるステージBGMはどれもバトル曲っぽいので人によっては結構ハマるのではないかと思います。斯く言う私自身がハマった訳ですが、シューティングゲームとしての疾走感はありつつ、こういったタイプの音楽は特異で面白いと感じました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「騎虎之勢(ステージ1)」 ★★★★★★★★★★ 10星
鉄則の如しステージ1のBGMは良いです。比較的軽快なメロディながら、1ループするまでの一連の流れと盛り上がりどころが綺麗に収まっており、なんとなしにオープニング曲的なイメージが湧いてくる一曲です。

・「三者鼎立(ステージ3)」 ★★★★★★★★★ 9星
終始喧騒に満ちた雰囲気の激しさヘビー級の一曲となっております。個人的にこの曲のドラム連打は聴いていて気持ちがスカッとします。

・「紫電一閃(キャラバンモードBGM)」 ★★★★★★★★★ 9星
本編とは別モードで流れる曲のようです。他の曲が前向きな激しさであるのに対し、この曲は激しさの中にも透明感のあるメロディを加えていることでちょっぴり切ないイメージとなっており結構味のある一曲となっております。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

オープニング曲である「蒼凜のペンデュラム」は「長谷川明子」さんが歌を当てております。エンディング曲である「ALTAIR」は「Asriel」さんが歌を当てております。

ボーナストラックとしてゲーム未使用曲の「嵐影湖光」、「蒼凜のペンデュラム(スーパファミソン16BIT ver.)」、「バレットソウル 8bitアレンジバージョン ver.2」が収録されております。
「バレットソウル 8bitアレンジバージョン ver.2」は「煙塵千里(ステージ4)」と「竜攘虎搏(真ボス)」を繋げて8bitアレンジした曲となっています。ちなみに「ver.2」となっていますが、これはこのCDとは別のゲームの特典サントラに「ver.1」が収録されている為です。

そのゲームの特典サントラにはSEコレクションなども収録されていたようですが、本サントラにはそれら細かいサウンド関連は収録されておりません。

総評
先駆者がいるゲームジャンルながら、設定やテーマ性を独特のものにした甲斐あってかそれが音楽面にも顕著に反映されており、妙にハジケた楽曲が集まっています。「サガシリーズ」とは違うテイストですが、「イトケン」さんのバトルテイストが好きな方にはオススメできるサントラです。

「バレットソウル -弾魂- コンプリート・サウンドトラック」

89点
関連記事

| ゲ音・シューティング | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ