ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 劇伴音楽大全集」のレビュー

daigyakutensaibannwushs62s981.jpg

今回は「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 劇伴音楽大全集」のレビューをしていきます。
ニンテンドー3DSのソフトでジャンルは法廷アドベンチャー、カプコンから開発・発売されたゲームです。作曲は「北川保昌」さんと「前馬宏充」さんが担当されております。ナンバリングタイトルではありませんが「逆転裁判シリーズ」のれっきとした一作であり、本作は少し時代をさかのぼった19世紀の世界が舞台となっているようです。

CDは2枚組で曲は2ループで再生されます。私は1~3までしかプレイしていませんけど、それらゲームボーイアドバンス音源だった頃に比べると3DSでの音の変貌ぶりには良い意味で驚かされます。そんなことは当たり前なのですが、3以降に触れていない身としてはこのギャップの激しさが衝撃的なんですよね。19世紀という昔の世界観である為か、音楽はどことなく西洋的でレトロな雰囲気と大人っぽい渋みや落ち着きがある曲が揃っていると思います。現代的で探索パートなどでは明るいテーマ曲が多かったそれまでの作品とは異なり全体的にウェット系の曲中心となっていながらも、相変わらずキャラクターテーマなどは印象に残る特徴的なメロディとなっています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「大尋問 ~モデラート」 ★★★★★★★★★ 9星
曲名通り尋問場面で流れる曲だと思われ作曲者は「北川保昌」さんです。ミステリアスで謎を紐解いていくようなイメージが沸くメロディは以前から相変わらずですが、本作では西洋的な音使いがプラスされているので、それが良いアクセントとなっています。
「~アレグロ」という別バージョンもあり、そちらはこちらよりも早足で攻めに入ったような勢いのあるメロディとなっています。

・「亜双義一真 ~使命のサムライ」 ★★★★★★★★★ 9星
キャラクターテーマ曲の一つと思われ作曲者は「前馬宏充」さんです。和楽器の他重奏は落ち着きがあり、その中にも力強さの篭ったメロディであるため威風堂々とした一曲となっています。

・「追求 ~大逆転のとき」 ★★★★★★★★★★ 10星
シリーズ恒例のトドメの曲と思われ作曲者は「北川保昌」さんです。イントロからしてインパクトの強いものとなっており、ド派手で勢いのあるメロディは高揚感が凄まじく、まさしく「大逆転」という展開に相応しい一曲であることが感覚的に伝わってきます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

上で紹介した以外にも
・成歩堂龍ノ介 ~冒險の序曲
・核心
・推理大戦・序
・シャーロック・ホームズ ~霧の街の大探偵
・推理の主題曲 ~論理の向こう側
などの曲も良いと思います。

総評
「逆転裁判シリーズ」特有のドラマ性を感じさせる音楽をしっかり引き継ぎ、尚且つ西洋的で「劇伴音楽」というサントラ名がピンポイントにハマっている内容だと思います。法廷パートの緊張感ある心理戦BGM、探索パートのアドベンチャー感溢れるBGM、いずれもそれまで無かったレトロなテイストによって新たに構築され独特の雰囲気を醸(かも)し出しております。

「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- 劇伴音楽大全集」

90点

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
シリーズ関連ページ
「逆転裁判サウンドBOX」のレビュー
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
関連記事

| ゲ音・アドベンチャー | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ