ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「HOSPITAL. 6人の医師 オリジナル・サウンドトラック」のレビュー

hospitalisyasiua666666666.jpg

今回は「HOSPITAL. 6人の医師 オリジナル・サウンドトラック」のレビューをしていきます。
Wiiのソフトでジャンルは医療アクションアドベンチャー(不確定)、アトラスから開発・発売されたゲームです。作曲は「喜多條敦志」さん、「小塚良太」さん、「目黒将司」さんが担当されております。本作は同社開発の「超執刀カドゥケウスシリーズ」の流れを汲んだゲームらしく、世界観は共有しつつも心機一転作として扱われているようです。医療関係のゲームってプレイしたことないのでイマイチイメージしづらいです。

CDは2枚で曲は2ループで再生されます。作曲陣がモロに「メガテン」、「ペルソナ」という感じなので分かりやすいですが、それらがまんまアドベンチャーゲームになったら本作のような音楽になるんだろうな~、とその点に関しては感覚的にイメージしやすいです。
しかし、本作は前述のRPG作品たちとは違いダークなイメージが強い楽曲が比較的少なく、現代的な日常の風景をオシャンティに彩る明るめの楽曲が目立ちます。それだけでは無く、おそらく治療のアクションパートで流れると思しき曲は緊張感をヒシヒシと感じさせるメロディながら、考えようでは「戦い」というカテゴリに属すイメージな為か、力強い曲調で何かと向き合い対峙するような印象も受けます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「Red Zone」 ★★★★★★★★★★ 10星
アクションパートで流れる曲かと思われ、作曲者は「喜多篠敦志」さんです。曲名からして冷や汗もので苦戦を強いられているようなイメージですが、「喜多篠」さんのセンスが光る重々しくも力強い戦闘BGMのような雰囲気のメロディは臨場感があります。

・「One Disaster After Another」 ★★★★★★★★★★ 10星
これもアクションパートで流れる曲ではないかと思われ、作曲者は「小塚良太」さんです。この曲も重々しく緊張感はあるのですが、要所で入るピアノをメインにしたパートは広がるような響きが特徴的で幻想的な雰囲気も感じられるのではないかと思います。

・「Cool Beauty」 ★★★★★★★★★ 9星
アドベンチャーパートで流れる曲だと思われ、作曲者は「喜多篠敦志」さんです。ソフトでラフな雰囲気のメロディは落ち着きがあり、ピアノとジャズチックな要素は良い感じにオシャレな雰囲気も醸し出しておりナイスなBGMです。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

エンディングで流れる「Gonna be here」は「Benjamin Franklin」さんが歌を当てております。またボーナストラックとしてこの曲のアレンジである「ごなび~ひあ」も収録されております。

この作品の音楽はitunes storeでもダウンロード販売しているのですが、そちらでは何故か全曲を3分割してグループ販売しており、1つのグループが2400円と高めの値段設定になっております。

総評
基本はアドベンチャー要素が強いゲームなのかな?と感じる音楽内容であり、インパクトの強い曲は少ないかもしれません。しかし、暗いイメージが強くない分BGMとしては良質でオシャレで聴きやすいのは確かです。アクションパートで流れると思しき曲は、「女神転生シリーズ」の戦闘曲などにイメージが近く、個人的には好きなタイプの曲が多かったです。

「HOSPITAL. 6人の医師 オリジナル・サウンドトラック」

89点
現在PREMIER(中)
関連記事

| ゲ音・アクション | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ