ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

「餓狼 MARK OF THE WOLVES サウンドトラック」のレビュー

garoumowmowmwomwow77766.jpg

ビンゴォッ!!

今回は「餓狼 MARK OF THE WOLVES サウンドトラック」のレビューをしていきます。
アーケードを始め、NEOGEO、PS2などでも展開したソフトでジャンルは格闘ゲーム、SNKから開発・発売されたゲームです。作曲は「SNK新世界楽曲雑技団」が担当されております。SNKの代表的なタイトルの一つ「餓狼伝説シリーズ」の続編であり、現状シリーズの動きは本作以降ありません。キャラクターの大半を過去作から入れ替えたことや、やや尖り気味のシステムで出た当初は否定的な反応が多かったですが、現在でも格闘ゲームが盛んなゲーセンで稼働しているのを見るので、コアな人気を得ている一作ではないかと思います。

CDは1枚で曲は1ループで再生されます。 発売当時のゲーム事情を考えると、NEOGEO基盤による音源はどうしても古臭いチープな印象を抱きやすく、本作もまたそんな作品の一つであると言えると思います。しかしながら、各キャラクターのテーマに関してはアッサリとした仕上がりながらもそれぞれのイメージに合わせたバラエティ豊富な曲作りが為されており、個人的にNEOGEO作品の中では好きな部類です。
1ループなので全体的な曲時間の短さがネックでしょうか。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おすすめ曲(星は10段階で付けています)
・「Sunrise On The Train」 ★★★★★★★★ 8星
旧作から唯一続投したキャラクターのテーマ曲です。陽気でエネルギッシュなジャズ調のメロディはキャラクターイメージと共に「餓狼伝説として」の風格も兼ね揃えたなかなか味のある一曲です。

・「Bad Girl?」 ★★★★★★★ 7星
これもジャズ調なメロディですが、全体的にどこかとぼけた感じがあって一風変わった曲です。

・「Wilderness policeman」 ★★★★★★★★ 8星
ウエスタンチックなイメージ沸くハーモニカの音使いが特徴的であり、割と落ち着いたタイプで独特の渋さがある一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

当時の格ゲーサントラにはよく見られましたが、ゲーム内のキャラクターボイスやSE集、システムアナウンスなども本サントラには収録されております。

総評
「そんなに期待はしてないけど・・・」くらいの気持ちで聴いてみたら「あら?結構良いじゃない。」となる内容でした。雰囲気は悪くないので、KOF2002UMみたいにアレンジしたら化けそうな気がします。

「餓狼 MARK OF THE WOLVES サウンドトラック」

75点
関連記事

| ゲ音・格闘ゲーム | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ