ペンニョロのゲ音記+きめらの雑記

ゲーム音楽の感想書いたり、気分で雑記載せたりするブログです。

| PAGE-SELECT | 次のページ

CDだけでも一般販売してほしい-TGMS2019-

2/9(土)は私の住んでいる地域で今年初雪が降りました。
最高気温0℃は草も禁じ得ぬと思っていましたが、北海道は最低気温-30℃いった所もあるそうで…え?
仕事を終えて粉雪が舞う中お供にウォークマンを引き連れて帰路に着いていたところ、ただでさえ寒いのにここぞと言わんばかりにロックマンX6の[BLIZZARD WOLFANG STAGE]が流れてきて身も凍える思いでした。でも良い曲。

さて、二週間後の2/23(土)は東京ゲームミュージックショー2019(TGMS2019)なるイベントが開催されるそうです。
少し概要を見たのですが、すっごい豪華じゃんこのイベント!
ゲーム音楽界に名を連ねるそうそうたる顔ぶれ!
各アーティストの物販情報なども公開されていましたが、めっちゃ魅力的じゃありませぬか!
うぉぉおお…
仕事で行けぬぅ!!!><

だからイベント終了後も何らかの形でCD等を再販していただけませんかね~?
以前紹介した[Game Music Prayer 1&2]と紹介してない[3]に続く[Game Music Prayer 4]なんか特に気になる一品なんですが…一般チャリティ購入とかできるようにしてもらえないものか…。

当日行く人は冬らしく[いけにえと雪のセツナ]のサントラでも聴きながら行くといいんじゃないかな?
関連記事

| 雑記的なもの | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

ありがとうiPod Classic。よろしくWALKMAN。

           vggsfdsg.png


長年愛用してきたiPod Classic。
文字サイズがバラバラになるバグが発生したりイヤホンジャックがイカれたり不調であることもままありましたが、数万曲のゲーム音楽をその身に宿しいつも私の気分を変えてくれる無くてはならない存在でした。

ですが、ついにそのiPod ClassicからWALKMANへの切替えへと踏み切ることにしました。

10年近く付き合ってきた物なので手放すのには申し訳ない気持ちですが・・・
ありがとうiPod Classic
お前のこと忘れない。

      bnmjkhsfd.png


そして新規で迎え入れたWALKMANなのですが、音楽プレーヤーとしての機能性に関してはとりあえず抜かりのない物だと感じました。
外観からコンパクトでシャープなデザイン。軽量ボディで取り回しやすいです。
画面はタッチ式ですがサイドに物理的な操作ボタンも付いていてポケット内で操作する身としてはナイスなポイント。
内部的には音響効果の豊富さに驚かされました。まだこの辺りは触っていませんが色々な音楽の楽しみ方が出来そうです。
Bluetooth機能も内蔵しているので最近流行りのワイヤレスイヤホンとの相性も良さげです。
メモリ容量は本体のみだとそこまで大容量ではないのですが、microSDを挿し込めるので自分にあった容量にカスタマイズできることも個人的には大きなポイントです。ちなみに私は256GBのmicroSDを用意し問題なく使用できているのですが、公式の推奨では128GBの物までなら大丈夫とのことなので超大容量の物を使う際は自己責任になります。

こうした音楽プレーヤーの変更に伴って避けては通れないのは音楽データの移動です。
何分曲数が多いので移動が大変・・・だったのですが、WALKMANは本体をPCにつないでWALKMAN本体・または挿入済みのmicroSD内のフォルダに直接音楽ファイルをぶっこむだけで良かったので時間は掛かりましたが意外とすんなり曲は入れることが出来ました。
問題はプレイリストの管理です。
私はitunesで曲の管理をしておりWALKMANもある程度はitunesと共通で使える部分があるのですが、完全な同期はさすがに不可能でして、結構苦労したのがプレイリストの反映でした。詳細は省きますが、itunesで管理しているプレイリストのファイルをエクスポートしたあと、それをWALKMAN用の音楽管理ツールに反映させることでWALKMAN側でもitunesのプレイリストが使えるのですが一々その作業をするのは面倒なんですね。・・・ま、使えるだけマシですが。その他再生回数やレートの情報などもWALKMAN側には反映されないので今までそういう部分を使ってきた者としては慣れるまでに時間は掛かりそうです。

と色々書いてきましたが実際のところWALKMANの使い勝手はなかなかGOODです。
長く付き合っていきたいのでよろしくWALKMAN。
関連記事

| 雑記的なもの | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

[GRADIUSⅡ SOUNDTRACKS (FC版)]の感想

gdygfgrhbas3.png

スピーダッ
スピーダッ
スピーダッ
スピーダッ
スピーダッ
(調子に乗って高速移動)

ティウンティウンティウン…


今回は[GRADIUSⅡ SOUNDTRACKS (FC版)]のことを書いていこうと思います。
ファミコン(以下FC)のソフトでジャンルは横スクロールシューティング、コナミから開発・発売されたゲームです。作曲は前沢秀憲さんと森本ゆきえさんが担当されております。AC版グラディウスIIをベースにしつつFCのスペックに合わせた独自のアレンジが施されたFC版グラディウスIIですが、AC版共々良質なゲームバランスと評されております。

今回私はAmazonのデジタルミュージックストアでダウンロード購入しました。当時の音楽をクリアで高音質なものとして聴けるのは非常にありがたいですね。これまでFC版グラディウスIIの音楽は随分前に発売されてたシリーズのコンプリートCDでしか聴けないものとばかり認識していたのですが、少し前にある情報筋からKONAMIがAmazonでゲーム音楽多数配信という情報を得まして、そこでこの単品版GRADIUSⅡ SOUNDTRACKSに出会うことができました。
ゲーム内の全15曲が収録されており、基本2ループ再生となっています。音楽についてはAC版のものをFC用にアレンジした曲もありますがFC版独自の曲も多数あります。随分前の記事で書きましたが、FC版グラディウスIIの音楽は個人的に強く感銘を受けたので思い入れもひとしおなところがありますけど、それにしてもこの時代の音楽とは思えないほどカッコイイ曲についウットリしてしまいます。初代グラディウスが後続作品に比べてマイルドな音楽であってからのIIでのシャープで深みの増した音楽でしたから対比効果としてもこの進化は驚愕ものだと感じます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ピックアップ曲
[Fortress (ステージ2BGM)]
FC版独自の曲です。この曲に限ったことではないのですが、1ループ40秒弱というのはゲーム音楽的にはかなり短いです。しかしながら、程よい疾走感とスリルを感じさせるメロディアス、盛り上がりとループ点の締めが絶妙に纏まっている一曲で、初めて聴いた時からこの曲には惚れ込んでいます。

[Heavy Blow (ステージ3BGM1)]
FC版独自の曲です。ステージ1の[Burning Heat]に次ぐ正統派でノリの良いステージBGMといったイメージが強い一曲です。イントロの突入する感じとかも好き。

[Over Heat (ステージ6BGM)]
FC版独自の曲です。高速スクロールステージの曲ですが意外にもテンポはそこまで速くなく、流れるように段々と上がってくるメロディで個人的には走るよりも駆け上がるようなイメージを持つ一曲です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
おわりに
私がゲーム音楽を集め始めた頃は古臭くショボイという理由でFC音源について否定的だったのですけど、今ではあの音の魅力がよく分かります(長いので割愛)。思い入れ補正の強い作品ですが、このFC音源クオリティは芸術的な域にあると思っています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
シリーズ関連ページ
「GRADIUS ARCADE SOUND TRACK」のレビュー
「コナミ ・ゲームミュージック・ アレンジセレクション~The Beginning of MOTOAKIFURUKAWA~」のレビュー
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
関連記事

| ゲ音・シューティング | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ